マッサージ師になりたいなら専門学校で資格を取ろう

専門性の高い仕事です

歯型とハート

まずは進学を

歯科治療は内科治療や外科治療とは大きく異なる治療です。良く知られていますが、人の歯は虫歯に侵されると完治することはなく、現状維持を目指して削る治療を行います。人の永久歯は二度は再生できないものなのです。そのため、虫歯はもちろんのこと事故などで歯を失ってしまうと、銀歯や金歯、セラミックやインプラント義歯などで歯を補うことになります。歯科医が行える治療は虫歯の治療や歯肉の治療などであり、義歯の設計は別分野で兼業はできません。義歯の設計は歯科技工士が行っており、医師による型取りを受けて義歯の製作します。指紋と同じで、歯も全く同じものはありません。専門的な知識を有した歯科技工士が丁寧に小さい歯を設計することで永久歯とかわらないような、使い勝手の良い歯を作ります。この歯科技工士は国家資格の必要な仕事です。資格は専門学校や大学で取得することができ、全国に取得できる学校があります。特に高校卒業後に専門学校に入り歯科技工士を目指す人が多く、卒業後に歯科技工士を扱う事務所などに就職します。近年3Dプリンターの登場などで、歯科技工士の資格にも変化を求めるひとが増えており、より技巧的な方面への挑戦を4年制大学を中心に行われつつあります。丁寧で繊細な作業が求められますが、CADの技術等の向上で学校を卒業できれば第一線で活躍が可能です。歯科技工士の置かれる現状は変化の時代ですが、今後も必要とされる資格であることは間違いありません。