マッサージ師になりたいなら専門学校で資格を取ろう

病院や医院で働く仕事

白衣の人

自分にあった病院内の仕事

医療関係の資格のというと真っ先に思いつくのは医師又は看護師といった所になる人も多いと思います。もちろん医師は医療関係の資格の中でも難易度も高く医療機関の花形ともいえるポジションですが、医療機関で働くために必要な資格は数多く存在します。実際に目指したい資格を一覧にして比較をしてみる事が最も個々にあった資格を見つけるポイントにもつながるといえます。医療関係の資格一覧として考えられるのは、医師でも歯科医師となれば、別の資格になりますし、様々な検査を行う人や診断を検査する役割を担う立場の臨床検査技師なども医療関連の資格ではメジャーな資格になります。また、医師の処方箋に対して薬を調合する薬のスペシャリストである薬剤師も医療関係の資格では一覧として上位に説明されるようなものになります。歯科の現場に行けば、歯周病予防や予防歯科のプロでもある歯科衛生士などもあります。一方で医療関連一覧の仕事でみるとわかるのが理学療法士や視能訓練士のようにリハビリを主には活躍する人材も必要になりますし、臨床検査技師や細胞検査士のように重篤な疾患があるかどうかの有無を検査する人材も必要になります。また、医師という立場にも臨床医と病理医があり、臨床医は実際に患者に対して手術などの執刀をする外科的な治療や薬を処方する事で治療する内科的な治療をする事が主になりますが、病理医は基本的に患者の治療には直接立ち会いませんが、検査から患者の病名を診断するプロという立場になります。実際の手術現場で利用される人工心肺などの器具を管理する臨床工学士というのも医療現場にはなくてはならない人材になりますし、実際には数多くのプロが働いている職場になります。自分にあった適切な道を選ぶ事もひとつの考え方になります。